ウォーターサーバーの水はどれも同じではない!?

水には色々と特徴がある

最近では、ウォーターサーバーを設置する家庭が増えてきています。会社によって水の価格がずいぶんと違い、同じ水だからどこも一緒でしょう、と思われている方はいませんか。実は水にも色々な種類があり、自分に合った水、自分が飲みたい水を選ぶのがポイントになります。ウォーターサーバーの水の種類は主に、天然水、RO水、デザインウォーターの3種類があります。それぞれに特徴があるので、水を選ぶ際の参考にしてみて下さい。

よく耳にする、天然水とは

天然水とは、天然成分が豊富に含まれている水のことです。自然によって濾過された、ミネラル分豊富なのが特徴です。水道水のように塩素消毒ではなく、濾過・沈殿・加熱処理などで消毒されているため、カルキ臭さがありません。ミネラルウォーターは人工的に加工されたもので天然水とは異なりますが、天然水から作られたミネラルウォーターもあります。軟水と硬水もよく耳にする言葉と思いますが、軟水はミネラル分が低いけれどまろやかで飲みやすく、硬水はミネラル分が高くデトックス効果も期待できますが、慣れていないと飲みにくく感じる人もいます。

聞きなれないRO水とデザインウォーターとは

RO水とは、人工の半透膜によって様々な物質が溶け込んでいる水から、水の分子だけを通して作られた水で、微細な不純物も取り除いています。ミネラル分は含まれてはいませんが、化学物質やウイルスなど、ほとんどの物質が取り除いてあり、安全性が高い水になります。ピュアウォーターとも呼ばれています。デザインウォーターは、RO水に人工的にミネラルを含ませたもので、安全性の高さと同時に、ミネラルもとれるという水になります。

ウォーターサーバーは、いつでもお湯と冷水がでるので何に使用するにも便利です。赤ちゃんのミルク作りには最適です。