一般的なお店と代理店って何が違うの?!具体的に解説!

一般的な個人が行っているお店の仕組みとは

一般的な個人が行っているお店と言うのは、多くが卸業者から仕入れる内容ですよ。商品に対して不備があれば、その責任と言うのは、個人のお店が対応しなければなりません。お店は、卸業者から仕入れているから卸業者に直接言ってと言いましても、通らない物であり、損害賠償が発生した場合は、お店が損害賠償に対応して、お店は卸業者へ損害賠償を請求する仕組みになっていますよ。お店が、卸業者から仕入れるメリットは、卸業者は、製造業者から大量に買い付けるため、一つの商品を安く抑える事が可能であり、直接、製造業者から買うよりは、メリットが高くなる事も理由の一つとして挙げられますよ。

代理店の主な仕組みとは

代理店とは、代理を依頼する企業のサービスを直接扱って、商品を提供する事業形態です。商品に不備があれば、その責任は、代理を委託する企業が対応しなければなりませんよ。代理店は、そのサービスに対して、独自の判断で内容を変える事はできませんよ。例えば、かってに割引サービスを行って商品を提供したり、独自に広告を作り配布する事も禁止されています。代理店のメリットは、個人で行えない様な大きな商品を扱う事が可能であり、中にはブランド力のある商品を扱う事によって提供し易くなる事もありますよ。

代理店は主に二つのタイプに分かれる

代理店は、主に二つの内容に分かれ、個人で行っている事業と並行して行う内容と、全ての事業内容を、代理店として行う内容です。前者は、保険やプロバイダ契約の様に、契約による物が多く、後者はコンビニエンスストアの様に、直接、商品を販売する内容が多いです。又、前者は、初期投資費用を抑える事が可能であり、後者は、設備などの費用が発生する事が一般的です。初めての方は、代理店を勉強すると言う意味でも、契約による内容から初めてみるのも良いと言えるでしょう。基本的に、代理店を始める場合は、独自に需要などを把握する必要性があり、競合なども含め、リサーチする事が大切になりますよ。

クリーニングはどの地域でもお客の需要が見込めるので、大手クリーニング会社が代理店の募集をすることが多いです。