代理店の仕事は売るだけではなく、アフターケアも重要

主な仕事は商品を売ること

代理店といえば保険や旅行、広告、ウォーターサーバーなど様々ありますが、どこも基本的な仕事は商品を売ることにあります。そもそも代理店とは商品やサービスを展開している会社と契約を結び、代理で売る権利を有する会社のことを指します。商品が売れた場合にはその一部がマージンとして入ってくるのが基本的なシステムであるために、つまりはマージンを得るためにより多くの商品を売らなければ会社として成り立たせることが難しくなります。

重要なのは売ることだけではない

代理店として商品が売れてマージンが入ればそれで仕事は完結する、というわけではありません。代理店には顧客情報が残りますので、リピーターになって何度も商品を買ってもらうためにアフターケアをしていかなければなりません。新規顧客を開拓し続けるのは限界がありますし、労力も掛かって効率的であるとは言い難いためです。売った後にきちんとケアをすることで信頼を得て、継続的に商品を買ってもらえるように工夫をしていかなければなりません。

代理店しか持っていない武器で戦う

同じジャンルの商品を生産していたりサービスを運営している会社は複数あります。代理店は一社としか契約を結べないというわけではなく、複数の会社と代理店契約を結ぶことができます。自社で生産している製品しか売ることができない運営元の営業とは異なり、顧客に会社の枠を乗り越えて複数の商品を提案することも可能なのです。つまりは提案の幅が広がり、より顧客のニーズに合致した商品を売りやすくなりますので売上を伸ばすチャンスが広がるのです。

業務委託とは個人が企業から仕事を委託される事を言い、個人と法人の契約であるのに対しアウトソーシングは企業の業務や機能を専門業者に委託する事を言い、法人対法人の契約となるという違いがあります。