自分のプライバシーを上手に守る方法について。

家の外から見えないようにする。

プライバシーを守るには、家の外から見えるものをできる限り隠したりして見えないようにする工夫が必要です。例えば洗濯物を干す時も、そこから家族構成が分かったりすることもあるので、下着など普段から人前に見せないものは見えない場所に干すなどしましょう。また、自宅の周囲におもちゃや子どもの自転車など置いておいたり、高齢者の使用するシルバーカーなども見えるところに置いたりすると、家に弱者がいるなどの家族構成が判断できるものになるので、極力見えない場所に片付けるようにしましょう。

カーテンやすだれを利用する。

特に夏場は、部屋の風通しをよくしようと窓を開けることも多くなると思います。しかし、窓から家の中が見えたりしてプライバシーが守られないことがあります。窓を開けた際には、多少風通しが悪くなっても、レースのカーテンだけはしっかり閉めたり、窓のサイズに合ったすだれを取り付けるなど、家の外から見えないようにしましょう。特に、入浴後に薄着になったり着替えたりすることの多い夜間は、家の中が見えやすくなるので注意が必要です。

自分の情報をむやみに流さない。

よく、誰かと話しているうちに自分のことを話すこともあると思いますが、いつ、どこかで悪意のある人に聞かれているかわからないので、外で誰かと直接話したり、携帯電話で誰かと話す時は、その内容に注意が必要です。また、近年ではインターネット上でさまざまな人との交流を深めるために、自分のことを書き込んだりすることもありますが、不特定多数の人が見ているため、同じく書き込む内容に注意が必要です。また、ゴミを集積所に出す際も、自分の宛名などの個人情報が含まれている時は、見えないように工夫をしてから出すようにしましょう。

機密文書の管理をする方法の正しい決め方は情報が外部に漏れないように心がけ、責任者を決めて指示にしたがうように考える必要があります。