飽和状態のタクシー業界!?ドライバーたちの選択

よりより会社で働きたい

タクシー業界も多くの会社が参入して飽和状態にあるといってもいいほどになっています。そのために協定を結んでいろいろな条件を同じにして切磋琢磨をしているのが現実であり、そのひとつとして優秀なドライバーを確保するのに一生懸命になっている会社が多いです。スタート時の料金価格などの条件が同じだとするとドライバーとしては有名な会社で働きたいと考えるでしょうし、また給与が他の会社よりもいい会社を選択するのが普通です。

自分の考え方にあった会社へ

会社としても優秀なドライバーを確保するために、待遇面でいろいろと考えているところが多いです。給与や待遇に関しては各社協定があるわけではないので、その会社の経営方針ひとつで自由に決めることができます。そう考えるとドライバーにとっても、給与に関しては会社によって差があり、より自分の考え方に近い会社を選択する自由があります。そのようなことを背景としてタクシー会社の求人は、飽和状態である現在においても多く掲載されています。

会社もできるだけの待遇を設定する

タクシードライバーの多くは歩合制で、多くのお客を乗せて走れば高額な給与が与えられますが、一方でそのような給与体系であれば自分が怪我などをした場合には無収入になることにもなり、基本給ができるだけ手厚い給与体系の方を好む人もいます。しかし基本給を手厚くすることは会社にとっては固定費を高くすることになり、できるだけ避けたいことでもあります。そのための多くのタクシー会社ではそれらのバランスを考えて、しかも他社の動向も勘案しながら待遇を設定しています。

運転手派遣は、企業のコスト削減に効果があります。すなわち、役員の送迎などを行うドライバーを社員として雇用するよりも、外部から派遣してもらったほうが安くつくのです。